#101 へんてこかわいいたまご雛

今回も家庭にあるもので簡単にできる廃材工作を、県内のママさんに考案いただきました。

もうすぐ雛祭りですね!

普段なら捨ててしまうたまごの殻を活用し、思わずクスッと笑ってしまう愛嬌たっぷりなたまご雛を作って、飾ってみましょう。

 

ごみを減らし、焼却時に生じる二酸化炭素の排出を削減することも地球温暖化を防ぐことにつながります🌎

おこさんと楽しくエコを考えるきっかけにしてください!

 

 

【制作時間】

30分〜60分

 

【材料】

・たまごの殻2個(丸い方に割れ目を入れ直径2センチくらいの穴を開けて中身を出し、内側をきれいに洗って数日乾燥させておく)

・色々な端材(はぎれ布やボタン、毛糸、シール、パーティモール、動く目玉など)

・段ボール

・屏風用の色紙

 

 

【道具】

・はさみ

・ボンド(グルーガン)

 

【作り方】

①あらかじめ乾燥させた、たまごの殻を使用します。割れやすいので強い力で握ったりしないように注意。

 

 

②好きな柄のマスキングテープをたまごに優しく貼っていく。できるだけ短く切って貼るとシワになりにくい。

マスキングテープがない場合は、色紙や新聞紙などをのりやボンドで貼ると良い。穴の部分は塞いでもオッケー。

 

 

③顔や頭、服のパーツをボンドなどで貼る。ボンドで貼れない場合はグルーガンで貼る。

 

④もう一体同じように作り、マスキングテープや色紙で装飾した段ボールの台紙に貼り付ける。

※ボンドよりグルーガンの方が固定しやすいです。

 

 

⑤お雛様の後ろの屏風を好きな色紙で作る。折りの感覚や高さはお好みで。

 

 

⑥屏風を台紙に貼り付けてできあがり!


 

今年の雛祭りは、ぜひご家庭にあるたまごの殻を使ってオリジナルのお雛様を手作りしてみてください!

おこさんとエコを考えるきっかけにいかがでしょうか🌎