【応募は締め切りました】

自慢のマイバッグを
インスタグラムに投稿して
あこがれのエコグッズをもらおう!

応募期間:2020年7月1日〜7月31日

※景品画像はイメージです

2020年7月1日から
レジ袋の有料化がスタートします。

有料化の対象となるのは、購入した商品を持ち運ぶために用いる、持ち手のついたプラスチック製買物袋です。

本制度の対象

本制度の対象外

なぜレジ袋が有料化するのか?

プラスチックは、非常に便利な素材です。一方で、廃棄物・資源制約、海洋プラスチックごみ問題、地球温暖化などの課題もあります。私たちは、プラスチックの過剰な使用を抑制し、賢く利用していく必要があります。

このような状況を踏まえ、2020年7月1日より、全国でプラスチック製買物袋の有料化が行われます。これは、普段何気なくもらっているレジ袋を有料化することで、それが本当に必要かを考えていただき、マイバッグを持ち歩く習慣を持つなど、私たちのライフスタイルを見直すことが求められています。

※レジ袋有料化に関する詳細な情報はこちらをご参照ください。

(経済産業省 ホームページ)

結果発表

この度は「#素敵にマイバッグキャンペーン」にご応募ありがとうございました。

厳正な審査の結果、下記の投稿が選ばれましたので掲載させていただきます。

おめでとうございます

【最優秀賞】
バルミューダ
The Green Fan
(1名)

糸がほつれたストールをリメイクした自作マイバッグ。除菌したハンドタオルを裏地にして生地の強度を上げ、水滴のついたものを入れても安心仕様です。マチがあり、2Lのペットボトルが横に入るそう。不要になったものに新たな命を吹き込む…ダブルでエコなマイバッグですね。

【優秀賞】Murchison-Hume キッチン ラバーズ セット(3名)

  • お買い物の前日に、玄関にマイバッグをスタンバイするというアイデア投稿をいただきました。出先で「あ!忘れた!」となりがちなマイバッグですが、これならうっかり防止になり、壁にかければスペースも取りませんね。すぐにでも取り入れたいアイデアです。

  • 小学生のお子さんが「お母さんの買い物を手伝う」「エコ」をテーマに自由研究で作られたというマイバッグ。ひと針ひと針丁寧に縫っているのが伝わります。今年の夏休みは、マイバッグづくりに挑戦されるお子さんも多いのでは?自作バッグならお使いも楽しくなりそうですね。

  • 投稿者の旦那様作のマイバッグです。右の肩がけタイプは紐の長さを調節でき、口を絞れるのがポイントだそう。中身が見えないし、入れたものの落下防止にもなって便利!見た目はシンプルですが、丈夫でかさばらない生地選びや細やかな機能性に、旦那さまのこだわりを感じます。

【佳作】エコだね!ロジーくん レジかご保冷バッグ(20名)