設立趣意

設立趣意書

高知県地球温暖化防止県民会議
設 立 趣 意 書

地球温暖化問題は、生態系や人間の生存基盤に影響を及ぼす極めて深刻な環境問題となっています。

その原因は私たちの日常生活や生産活動に伴って発生する温室効果ガスといわれています。

国においては、京都議定書で2008年から2012年までの期間に1990年を基準年として、温室効果ガスを6%削減することを約束し、地球温暖化対策を推進しているところです。

また、先ごろ開催された「洞爺湖サミット」では、2050年に世界の温室効果ガスを半減させることで合意がなされるなど、世界各国で地球温暖化対策の一層の推進が求められております。

一方、本県における温室効果ガス排出量は、今後、特段の対策がとられないまま推移したと仮定した場合、2010年には、基準年比で約11.9%の増加になると見込まれております。

そこで、本年度4月に「高知県地球温暖化対策地域推進計画」を改訂して、温室効果ガスを、2010年までに基準年比で6%削減する目標を立て、家庭での省エネルギー促進や豊富な森林資源をCO2の吸収源として整備するなど、本県の地域特性に応じた地球温暖化対策に着手しているところです。

地球温暖化対策は、県民生活、事業活動に密接に関わるものであり、県民一人ひとりが日常生活の場で、できることからコツコツと継続して取り組むことはもとより、県民、事業者、行政が一体となって広く県民協働により進めていくことが必要です。

このため、私たちは、県民や事業者が連携し取り組む具体的活動を提案し、会員は自らが率先行動するとともに、県民総参加の運動を推進し、環境への負荷の少ない持続的発展が可能な低炭素社会を実現させるために、県内各団体等に呼びかけ「高知県地球温暖化防止県民会議」を設立することにいたしました。

つきましては、当会議の設立趣旨をご理解いただき、ご賛同のうえ参加を賜りますとともに、地球温暖化対
策にご尽力をいただきますようお願い申し上げます。


2008年 8月 1日


発 起 人
 高 知 県 知 事 尾﨑 正直
 高 知 市 市 長 岡﨑 誠也
 高知県商工会議所連合会 会 頭 西山 昌男
 高知県森林組合連合会 会 長 江口 俊男
 社団法人高知県トラック協会 会 長 川久保 英世
 社団法人高知県バス協会 会 長 岸本 宇根
 四国電力株式会社高知支店 支店長 国久 清司
 特定非営利活動法人環境の杜こうち 理事長 石川 妙子

 設立趣意書(ダウンロード)[PDFファイル/84KB]

 

環境行動宣言

環境行動宣言

 

「地球を大切にしなさい。それは、親から授かったものでは、ありません。地球は、子や孫から預かっているものなのです。」

これは、ケニアに伝わる言いつたえです。

私たちは、日々の暮らしの中で、知らず知らずのうちに、美しい森や川、海などの、かけがえのない自然環境という人類共有の財産を壊してしまっています。

私たちは、これまで地球の温暖化を知りつつも、行動に移せずにきました。しかし、このままでは子ども達や孫達の世代に、この大きな負の遺産を残してしまいかねない状況にきています。

私たちは、子や孫たちに、大切な地球、高知県をよりよい環境で引き継いでいくために、温暖化の現状をしっかり認識し、県民としてあるべき姿を共有し、温暖化対策に向けて確実に、行動していかなければなりません。

何もしなければ、地球温暖化による脅威は、避けることのできない現実として、容赦なく目の前に迫ってきます。

今、動かずして、いつ動くのでしょうか。

ここに、私たち県民会議が地球温暖化防止のため、県民総参加の運動のけん引役となり、行動していくことを宣言します。

 

平成20年9月27日

高知県地球温暖化防止県民会議