インタビュー

安岡金属(株)

高知市仁井田4570‐1
今回は高知市内でエコアクション21の認証を取得し、取組を進める安岡金属(株)をご紹介します。
安岡金属(株)は鉄スクラップ等を回収し、加工処理・販売を行う事業所である。鉄は鉄鉱石から精製するのと、鉄スクラップから再利用するのとでは二酸化炭素排出量が大きく異なる。業界では何年も前から国際的な環境配慮の機運が高まっており、鉄スクラップを取り扱う同社としては、二酸化炭素削減に対する取組は必然であった。鉄スクラップは言わば「都市鉱山」であり、安価で汎用性も社会的な使用頻度も高い鉄こそ、リサイクルすべき最たる資源だと代表取締役の安岡社長は言う。
同社では1999年に鉄スクラップを輸出することを決定した。その際、国際基準であるISO14001の取得を検討したものの、コスト面で足踏みをしてしまう。その後、エコアクション21を他の業界から知り、2005年に登録している。
安岡社長に登録のメリットをうかがってみたところ、「エコアクション21は国内基準ですが、当社は諸外国を含めた取引先に『基準を持って処理をしている会社』として評価をいただくことができています。私は、ISOやエコアクション21など環境対応の取り組みを情報発信すれば、それだけで自社のPRになると考えています。情報発信力の乏しい中小企業において、これは強力なPR手段になると思いますよ。」と、力強い回答が返ってきた。
同社では鉄の価格変動にともなって取扱重量も変わることから、使用電力の総量で考えず、トンあたりの使用電力削減量を目標としている。
安岡社長は続ける。「取り組んでみて感じたのは、現場に共通の目的意識が浸透したことです。当社は仁井田に2ケ所、いの町、高松市の4ケ所に現場が分かれていますので、本社にいて号令するだけでは何も始まりません。まず、1日に2回機械の電源を落とす、社内温度を一定に設定するなどの取組をはじめ、すべての作業工程を見直し、そして会社が掲げたマニフェストの実現に向け、経営陣と従業員が協力して現場を改善します。こういう意識で進めていくわけですから社内に自発性と協力体制が生まれ、結果として作業効率が高まりました。」
同社では取得による社員の意識面での効果も見られたようだ

 

県民部会主催「我が家の省エネ活動発表会」バックナンバー一覧

■エントリーNo1:「エコカーへの買い替えによるガソリン消費の節約」 
高知市在住 小廣 陽子さん

■エントリーNo2:「こまめに節約・省エネ」 
高知市在住 宮田 尚美さん

■エントリーNo3:「洗濯における省エネ。暖房における省エネ節電、すみ(炭)良い暮らし」 
高知市在住 滝石 典子さん

■エントリーNo4:「節約・省エネ型の暮らしにチェンジ!」 
香南市野市町在住 西岡 親男さん

■エントリーNo5:地球に負荷をかけない生活を<楽しく>送りませんか? 高知市在住 上野 伊佐子さん

■エントリーNo6:一戸建て住宅の省エネ作戦 高知市在住 上岡 麻子さん

■エントリーNo7:環境負荷を下げるための光熱費の削減 高知市在住 林 盛雄 さん

■エントリーNo8:人生も省エネもチャレンジ精神が大切。いいと思うことはどんどんやってみよう

高知市在住 熊沢 孝子さん

■エントリーNo9:エコ技術を生かして省電力の暮らしを 高知市在住 森下 明美さん

■エントリーNo10:寒いときは着る、暑いときは脱ぐ」林家流省エネ暮らし 高知市在住 林 幸恵さん